スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の予定

さて今年もあと一月とちょっとそろそろ年賀状の宛名書きをしなくては!
11月24日は”年賀状を作る”というテーマでした。
みなさん楽しい年賀状ができましたね。
12月1日はヌードクロッキー:人物の体のしくみや動きを観察しながら描くレッスンなどがあります。
12月12日はゆうもあ・くらぶの主催するゆうもあ大賞表彰パーティーです。
当日ボクはゲストや来場された方の似顔絵を石に描きます。
似顔絵教室の大久保みどりさんには色紙に似顔絵を描いていただきます。ユーモア大賞



日時:2007年12月12日(水)17:30開場18:00開演
会場:ホテルニューオータニ
会費:15,000円

歌あり踊りありの大パーティーです。
恒例ビンゴゲーム・豪華賞品多数

会長・森 喜朗  理事長・大村 崑

↓一押しお願いします↓
 banner2.gif

マンガ家森田拳次先生

ヒトコマ漫画の第一人者森田拳次先生
「森田先生をブログで紹介しようと思うんですが、作品を出してもかまいませんか?」
と電話で確認した。
「いいよ。マルHって書いといてね。」という返事だった・・・???
普通はマルCですが!!
ボクの師匠は森田拳次です。
先生と遊びながら身についたこと数知れず。
ボクが森田先生のアシスタントに採用された頃赤羽の下宿から横浜の先生宅まで片道2時間30分かかった。毎日行くには行ったが昼間は近くの空き地で草野球をしたり、チャンバラやって遊んだり(小学生みたいでしょ)して夜仕事が始まる頃にはボクはもう帰らなくてはならなかった。ですからほとんど仕事をしていなかったように思う。500枚の原稿を出版社に持ち込んだ先生、自分で外出できないムードを作ってオタクに徹して原稿を描いた先生(女性のおさそいには負けたようだが)、一流作家の作品と戦った先生、ギャグのアイデアを毎日のウンチと同じように習慣づけた先生
ボクはまだ何一つ超えていません。
モリケン2
エピソードをあげたらきりが無いほどにぎやかな行状の森田先生だが小学一年生まですごした満州での出来事を描いた”ぼくの満州”上下巻を出版されたことや終戦をテーマに多くの漫画家の作品を集めた展覧会8月15日展のリーダーとして活躍されていることなど、中国と日本の親善に寄与しておられることは並外れてすばらしいことだ。日中国交回復65周年に招かれて今週は中国に行かれるとのことです。
そしてなんといっても忘れられないニューヨーク!最初のほうでお話しましたね。ボクにとってはかけがえの無い経験をさせてもらった。ボクは病み上がりであまり役に立たなかったけれどボクにとってはおおきな糧となっている。森田先生に出会わなかったらボクの人生は始まらなかったと思う。終戦直後の満州で森田少年は日本兵が銃殺される場面に出くわした。そのときのことが今だに忘れられないと言う。銃殺の一瞬ほんのわずか首の角度がずれたのをみて生と死のはざまを感じたと語っている。ほんのわずかな角度が生死をわけていることに衝撃を受けたと。そしてそれが作品の軸となっているということだ。
作家魂に頭を下げます!

↓一押しお願いします↓
 banner2.gif


石ころの動物2

石ころに描いてみよう!
といっても最初はどうしていいかわからない人もたくさんいるでしょうね。
ボクはあまり道具を使いません。
・・・isikoro.jpg
石ころに描くのと紙に描く違いは平面と立体の違いだけです。
1石を洗ってきれいにして乾かします
2エンピツで下描きをします
3筆かマーカーで描く
4エンピツの線をケシゴムで消す
5普通の水彩絵の具でうすく色を塗る
6トリパブのような定着スプレーをかける。
絵の具を濃く塗るとせっかくの石の風合いが死んでしまいます。
リキテックスなどいろんな絵の具があるけれどボクは小学生が持ってるような
普通の絵の具が一番使いやすいし石という素材を生かすと思ってます。
やってみるといろいろアイデアがわいてくることでしょう。
前にも書きましたが、こうしなければならないということは無いですから
楽しく工夫したり遊んでほしいなと思います。
↓一押しお願いします↓
 banner2.gif