スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森田拳次賞

2011年清つねおの似顔絵グランプリ

森田拳次先生が選んだ作品は、

茨城県にお住まいの塩田喜三郎さんが描いた「澤穂希さん」です。

   2011ngp8.jpg

塩田喜三郎さんおめでとうございます。

審査会が終わるとみんなでビールで乾杯するんですが、その席で、昔の話に花が咲きました。
ニューヨークに武者修行にいっていた森田先生に呼ばれてボクがはじめてブロードウウェイに着いたときのお話なんですが・・・
地下鉄の駅を出るとなにやら騒がしく、なんだろうと思ってよーく見ると「ノーパンの女性」がスカートをめくりながら走っていました。数人の男たちがその子のあとを「ノーパン!ノーパン!」と叫びながら走っていったのでボクもおもわずあとをついて行ってしまい迷子になったというお粗末なおはなし。

その話を聴いたヨメが大喜びしたのはいうまでもありません。

そんなあまりにもばかばかしい事はみんな忘れてしまっていたんですが、この時はニューヨークの思い出話で盛り上がってしまったのでした。

以来ボクはヨメに「ノーパンノーパン」といじめられております。トホホ。

森田先生もしょーもないことをおぼえていらっしゃいます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://nigaoegp.blog119.fc2.com/tb.php/271-60eb00f8