スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地を訪問して

今回ご縁があって三陸の津波の被害に遭われた方がたを前に似顔絵を描きお話ができたことは、ボクにとって大きなことでした。
自分自身も明日をもしれない自営業であり日々生活をしていくのに必死で常にゼロ地点にいてあれこれ活動している身の上です。
被災されすべてをなくされた方がたと同じ目線で接するのは自分としては難しくなかった気がします。



今回いろいろコーディネートしてくださった佐藤さんが仙南ボランティアセンターの久保様からメールをいただいたとのこと。
ここに載せます。

5月2日は大変お世話になりました。メールいただいて皆さんの感想を聞い
てみました。
山元町の荒川さん
周りの人たちはものすごく喜んでいてすごい額縁に入れてかざっている。可能であれば 仮設に来て 似顔絵を描いていただけたら皆も喜ぶと思う。

山元町東田仮設住宅の 島田さん(手品をやって いた方です。)
みんなとても 喜んでいました。 たけのこは集会所でたけのこご飯をつくり皆でわけました。とてもおいしかったそうです。

亘理町中央工業団地仮設の 東條さん
きてくれた人たちはものすごく喜んでいた。可能であればまたきていただき今度は集会所で描いてもらえるように企画してもらえると足の悪い人たちも参加できて喜ぶと思う。仮設住宅にいる方で写真が見つかった人も傷がひどく目なんかが白くなった写真を飾っている人もいる。

山木さんもとても喜んでいました。ほかの方の声も聞いてもらっています。

以上、久保さんからのメールでした。



これを機に三陸に住んでいる方とお知り合いになりすこしでも役に立てればうれしいです。機会をつくってまた似顔絵を描きに行きたいと思います。

写真を見てお話をききながら似顔絵を描くこともやりますよ。
額はこんなふうで、目はこうでと説明をききながら描くことだってできます。
それが似顔絵描きの仕事ですから。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://nigaoegp.blog119.fc2.com/tb.php/302-c00490f7