スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上達への道最終回

長い年数・・・たとえば苦節○○年とかということはもう死語のように思います。しかし経験というものは実は非常に大きなことです。それならどんどん経験することをやった人は先に進むことが出来るのではないでしょうか。人がやった事にあれこれモンクをつけるのは簡単です。誰にでもできる。しかし自分で考えてとにかく作品を描くことを実行するのはすごく難しいのです。やったことはどんどん古くなる。新しい道具や発想、時代の流れ、移り変わるのはあたりまえのことなのです。その中でいかに楽しく自分らしく生き生きと暮らせるかということがボクの教室での課題です。うまい、へた、なんて関係ないです。みなさんがいかに楽しく生活の中に似顔絵をとりこめるかということが重要なのです。
そんな思いを本にしました。nigaoeb.jpg
似顔絵に関することすべて網羅したつもりです。
楽しく描こう似顔絵教室2清つねお著(晩成書房)
できるだけクールに必要なことを描いたつもりです。
スタジオ・ジブリの鈴木敏夫プロデューサーもすいせんのことばを書いてくれました。
ぜひ参考にしてください。

↓一押しお願いします↓
 banner2.gif

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://nigaoegp.blog119.fc2.com/tb.php/59-cdbaa0a8