スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清つねおと人相学

人の顔を描いていると、しかもそれを職業にしていると普通の人よりもたくさんの人間の顔に出会い観察する機会に恵まれる。

今日は人相についてお話します

顔型と性格 心理学の面からほぼ確立されている見解なのですが周囲の人にあてはめてみてください。なるほどなと思う点があるはずです。
nin.jpg

細長型は物静かで生真面目、敏感、温和、神経質
肥満型は社交的で明朗活発、気が弱い、躁鬱質
闘士型は几帳面で熱血、融通がきかない、粘着質

人の顔はみんな違うのでいろんな要素を含んでいますから大体この三つに分けて
どの傾向が強いかっていうことで判断します。

この型の顔の人はこういう傾向があるというくらいに考えるとおもしろいかもしれません。

仕事などで交渉相手の攻略にすこしは役にたつかもしれないですね。

まあ契約交渉の成功不成功にはたいした影響はないでしょうが・・・
↓一押しお願いします↓
 banner2.gif


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://nigaoegp.blog119.fc2.com/tb.php/79-e6e8bf1d